2018年1月12日(金)21時00分~23時19分に放送される金曜ロードSHOW!「ゲド戦記」

アニメ映画『ゲド戦記』はジブリ映画なのですが、宮崎駿監督ではなく息子である『宮崎吾朗』監督デビュー作品です。


当時は、宮崎駿監督の息子さんの作品といういうこともあり、大きな注目を浴びました。

しかし、作品はあまりにもひどすぎると世間では注目以上の批判をくらいましたね。

『宮崎駿監督の息子なのに』というのが影響しているのではないでしょうかね。


そこで、今回は映画『ゲド戦記』に登場する「アレン」「テルー」「クモ」の声優を務めるのは誰かについて見ていきたいと思います!


スポンサーリンク


ゲド戦記|アレンの声優を務めるのは岡田准一

『ゲド戦記』の主人公・アレン(17歳)。

アレンはエンラッドという国の王子です。



そんなアレンの声優を務めるのはジャニーズグループ・V6の岡田准一さんのようです。

イケメンの声優さんもイケメンのようですね^^

以前にも海外映画の日本語吹き替えを経験したことがある岡田准一さんですが、アニメ映画の吹き替え声優を務めるのは、今回の『ゲド戦記』が初のようです。



そのため、映画を見た方々からは「声優下手すぎる!」「棒読みすぎじゃない?」などと大きな批判を浴びました。

その後、2011年7月16日公開された同じくジブリ映画の『コクリコ坂から』風間俊の声優を務めています。

>>>【DVD】コクリコ坂

ゲド戦記|テルーの声優を務めるのは手嶌葵

『ゲド戦記』のヒロイン・テルー。

顔に火傷の痕がある少女で、テナーと共に作物や羊を育てて暮らしているが、特に自分の命を大切にしない人間には容易に心を開かず、両親に虐待された末に捨てられた辛い過去を持ちます。


そんなテルーの声優を務めるのは歌手の手嶌葵さんのようです。

映画主題歌の「時の歌」「テルーの唄」を歌っているのも手嶌葵さんですね。

>>>ゲド戦記歌集 『手嶌葵』



そんな手嶌葵さんの声優も岡田准一さんと同じく映画を見た方々からは「声優下手すぎる!」「棒読みすぎじゃない?」などと大きな批判を浴びました。

そして、こちらも岡田准一さん同じく2011年7月16日公開された映画『コクリコ坂から』の主人公の友達役の声優を務めます。

スポンサーリンク


ゲド戦記|クモの声優を務めるのは田中裕子

『ゲド戦記』では永遠の命を得るために、禁断の生死両界を分かつ扉を開いた魔法使いとして登場。

かつて魔法を濫用したが、ゲドに阻止されたため、彼に復讐する機会をうかがっている。

実はクモは男性なのですが、声優とその外見から女性的に見えるキャラクターとして有名です。

そんなクモの声優を務めるのは女優の田中裕子さんのようです。

田中裕子さんは過去にも1997年に放送された人気ジブリ作品・『もののけ姫』の -エボシ御前の声優も務めています。

なので、この『ゲド戦記』クモの声優は2度ということです。



そのためなのか、田中裕子さんの声優は岡田准一さんや手島葵さんとは対照的にとても評判が良かったです。



以上、映画『ゲド戦記』アレン・クモ・テルーの声優でした!

スポンサーリンク