最近、何かと話題の防弾少年団

次々と賞と記録を打ち出しています。

国内外は勿論、アメリカの音楽授賞式にもK-POP初のパフォーマーとして招待されたりと、世界中に防弾少年団旋風が起きています。

そんな彼ら、防弾少年団について調べてみたいと思います。

メンバーの事や、メンバーの名前をハングルではどう書くかとか、ファンクラブの人数などを調べてみました。


スポンサーリンク


防弾少年団プロフィール

グループ名:防弾少年団
ハングル:방탄소년단
漢字:防彈少年團
英語表記:BTS
活動期間:2013年6月12日-
事務所:韓国 BigHit Entertainment
日本 デジタルアドベンチャー

防弾少年団はジンシュガジェイホープアールエムジミンブイジョングク7人で結成されています。

防弾少年団の最大の持ち味として、シンクロ率の高い、その強烈なダンスパフォーマンスと言えます。


数ある賞を受賞し、そして、とうとうアメリカの音楽授賞式「2017 American Music Awards」で、K-POPで初めて、世界的スター達の前で「DNA」を披露しました。

日本の番組にも多数出演するようですね。

スポンサーリンク


防弾少年団のメンバーの名前をハングルで書くと?

ジン

名前:ジン
ハングル表記:
本名:キム・ソクジン(김석진)
ニックネーム:ジンニム、ピンクプリンス、ワールドワイドハンサム
生年月日:1992年12月4日
担当:ボーカル、ビジュアル

自分をハンサムと自画自賛、メンバーには相手にされてないようです。

シュガ

名前:シュガ
ハングル表記:슈가
本名:ミン・ユンギ(민윤기)
ニックネーム:天才ミンシュガ、爺
生年月日:1993年3月9日
担当:ラップ

メンバーの中で、最も多くの作曲を手掛けています。

芸名の「SUGA」は、肌が白くて笑うと可愛らしくて甘い感じがしたからだそうです。

ジェイホープ

名前:ジェイホープ
ハングル表記:제이홉
本名:チョン・ホソク(정호석)
ニックネーム:ホプ、ホビ、ホビホビ
生年月日:1994年2月18日
担当:ラップ、ダンス

ラップモンスター曰く「ダンスの精神的支柱」だそうです。

バラエティーでは、いわゆるお笑い担当です。

アールエム

名前:アールエム
ハングル表記:なし(RM)
本名:キム・ナムジュン(김남준)
ニックネーム:ラプモン、レプモン、ナム、破壊神、ナムナム
生年月日:1994年9月12日
担当:ラップ、リーダー

幼い時の夢が文房具店の店長な程、文房具が好きで、来日すれば、文房具店を訪れるそうです。

2017年11月13日に芸名を、「ラップモンスター(Rap Monster)」から、「アールエム(RM)」に改名したようです。

スポンサーリンク


ジミン

名前:ジミン
ハングル表記:지민
本名:パク・ジミン(박지민)
ニックネーム:チムチム、マンゲトック(韓国の柏餅)
生年月日:1995年10月13日
担当:メインダンサー、リードボーカル

事務所からの食事制限やコンビニ禁止令を守ったり、練習の虫と言われる程、努力家で真面目な性格だそうです。

現代舞踊を踊れたり、マーシャルアーツを唯一こなせる人物だそうです。

ブイ

名前:ブイ
ハングル表記:
本名:キム・テヒョン(김태형)
ニックネーム:テテ、4次元
生年月日:1995年12月30日
担当:ボーカル、ビジュアル

ジンと並んでグループのビジュアル担当です。

自他共に求める子供っぽい性格だそうです。

ジョングク

名前:ジョングク
ハングル表記:정국
本名:チョン・ジョングク(진정국)
ニックネーム:グク、グギ、黄金マンネ、ノチュ
生年月日:1997年9月1日
担当:メインボーカル、ラップ、ダンス

歌、ダンス、ラップ、スポーツと何でもそつなくこなせるから「黄金マンネ(末っ子)」と呼ばれています。

画力もあり、ライブパンフレットなどでその実力を垣間見れるようです。

スポンサーリンク


防弾少年団のファンクラブの人数は?

最近、何かと話題の防弾少年団ですが、公式ファンクラブの人数においては、まだまだのようですね。

2016年の段階では、約29万9603人と表示されていますね。

やはり、まだまだ先輩にはかなわないようですね。

BIG BANGでは、約26万人

東方神起はさすがです。
54万2589人を記録中のようですね。

ファンカフェなら、40万人をこえていますね。

日本では、13万とかでしょうか。

あと外国人も入会できると言うグローバルファンクラブと言うのもあるようです。

スポンサーリンク


まとめ

今回、防防弾少年団について調べてみました。

去年あたりから、より名前を聞くようになった気がします。


賞もたくさんとっていました。

曲も耳に残るほど聞きました。

アメリカの音楽授賞式に出た時はかなり驚きました。


でも、働き過ぎで少し心配でもあります。

体に気を付けて、頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク