2018年2月18日(日)18時00分~20時00分放送のマグロに賭けた男たち2018 ~あの悲運の漁師は?極寒の死闘スペシャル~

■“悲運の漁師”山本秀勝さん

16年追いかけてきた“悲運の漁師”は、今シーズンも悲運が襲い続けていた!今シーズン、長男・剛史さんも一本釣りに初挑戦!巨大マグロに賭ける山本親子の行方は…


■若手No.1の兄弟漁師 南芳和さん・竜平さん
大間で1、2を争うほどマグロを釣り上げる南兄弟。その神業の秘密とは…

■大間最年少の一本釣り漁師 泉健志さん
2年前に結婚し、娘も誕生。家族を守るため、必死で戦う最年少船頭の実力とは…


という漁師の方々が出演されるようですね。

そこで、今回は大間最年少の一本釣り漁師・泉健志さんの年収や高校の偏差値が36のヤンキーだったという噂について見ていきたいと思います!


スポンサーリンク


泉健志プロフィール

名前:泉健志(いずみ たけし)
年齢:31歳


31歳という若さで大間最年少の一本釣り漁師のようですね。

そんな泉健志さんは2年前に10歳年下の瑠奈(るな)さんと結婚し、娘の結桜(ゆら)ちゃんも誕生しています。

泉健志さんが初めて「マグロに賭けた男たち」という番組で取材された4年前にはカメラの前で145㎏の巨大マグロを仕留めたことがあります。

マグロは1㎏で平均1万円ほどなので単純計算すれば145万円になりますよね。


しかし、さらに驚くことに泉健志さんの父親は過去に335㎏の超大物を釣り上げたこともあるようです。

ということは、マグロ1匹で新卒サラリーマンの年収くらいですかね^^;

そのため泉健志さんもいつか父親の300㎏を超える大物を釣り上げることを現在の目標としているようです。

スポンサーリンク


泉健志の現在の年収は?

漁師という職業は釣れれば稼げるが、釣れなければ全く稼げない、というかなり不安定な職業ともいいます。

そのため、同じマグロ漁師である“悲運の漁師”山本秀勝さんは家賃3000円の町営住宅に住んでいるようです。


家賃3000円と聞くだけでかなり貧相なことが考えられます。

また、マグロ漁にはかなりの経費がかかるようで、船を使って漁に出るだけでも1回3~5万円ほどかかるようです。

そのため、単純計算したら月20日×4万円で毎月経費だけでも80万円ほどはかかる計算になります。


月だけで80万円ってサラリーマンの月収をはるかに超えてきますよね。

なので、それを上回る収入を得ないと借金まみれになり破産してしまいますよね。



では、泉健志さんの年収はどのくらいなのかと言いますと、正確な数字は公表されていないようです。

しかし、ここ2年間ほどはマグロの1㎏の値段が大きく跳ね上がるシーズンに100㎏を超える大物を釣り上げていないとのことでした。

マグロは基本的に100㎏を超える大物が高く値段がつくので30㎏台などの小物を4匹釣り上げても100㎏のマグロ1匹よりも売上価格は低くなるようです。



そのため、ここ最近の泉健志さんの年収はもしかしたら同年代のサラリーマンよりも低い可能性があります。

スポンサーリンク


泉健志は高校の偏差値が36のヤンキーだった?

どうも泉健志さんには高校時代や若いころはかなりやんちゃをしていたという噂があり、通っていた高校の偏差値は36ともいわれています。

果たして、この噂は本当なのでしょうか?



調べてみたところ、どうやら本当に泉健志さんはスナックではっちゃけているヤンチャな若者だったようです。

しかし、結婚して子供生まれてからはかなり落ち着いたようで、現在では仕事一筋で家族のために頑張っているようです。



では、通っていた高校の偏差値が36で立派なヤンキーだったというのも本当なのでしょうか?

どうやら、これも本当のようで噂では青森県の大間町にある青森県立大間高等学校に通っていたようです。


というのも、泉健志さんが育った大間町にはこの青森県立大間高等学校の1校しかないようです。

ちなみに偏差値は36とのことで青森県内の公立高校の中では一番偏差値の低い高校でした。



世には偏差値の低い高校はヤンキー校というイメージが強いようですが、泉健志さんは期待を裏切ることなく高校時代はヤンキーだったようです。

中学・高校時代というのは、「ヤンキーな俺ってかっこいい」という何だか、不思議な感覚に陥りやすいらしく、泉健志さんもその「ヤンキー俺かっこいいマジック」にかかっていたようです。



しかし、今では妻と娘のために体を張って仕事をされています。

そんな泉健志さんは中学生のころから父親のマグロ漁を手伝わされ、高校に進学してからも仕事の手伝いがあり、忙しすぎるという理由から1年以内に中退してしまったようです。


その後、16歳という若さで父親の船で本格的に働き始めたようです。

何だか、漁が盛んな地域では中学卒業後すぐに海に出る方が多いようですね。



漁となじみがない私たちからすると、何だか驚きですよね。

では、今後の泉健志さんの活躍を期待しましょう^^

スポンサーリンク