2018年2月18日(日)18時00分~20時00分放送のマグロに賭けた男たち2018 ~あの悲運の漁師は?極寒の死闘スペシャル~

■“悲運の漁師”山本秀勝さん

16年追いかけてきた“悲運の漁師”は、今シーズンも悲運が襲い続けていた!今シーズン、長男・剛史さんも一本釣りに初挑戦!巨大マグロに賭ける山本親子の行方は…


■若手No.1の兄弟漁師 南芳和さん・竜平さん
大間で1、2を争うほどマグロを釣り上げる南兄弟。その神業の秘密とは…

■大間最年少の一本釣り漁師 泉健志さん
2年前に結婚し、娘も誕生。家族を守るため、必死で戦う最年少船頭の実力とは…


という漁師の方々などが出演されるようですね。

そこで、今回は若手No.1の兄弟漁師 南芳和さん・南竜平さんの年収や学歴などについて見ていきたいと思います!


スポンサーリンク


南芳和・竜平兄弟の学歴は?マグロに賭けた男たち2018

番組内で何匹ものマグロを釣り上げる若手ナンバー1の凄腕漁師の南芳和・竜平兄弟。

果たして、彼らの学歴(高校・大学)は一体どうなのでしょうか?中卒という噂もありますが、本当なのでしょうか?



そこで、マグロ漁師についていろいろと調べてみたのですが、どうやら漁師になるには学歴はほとんど関係ないようですね。

なので、中学校を卒業した後の16歳でもすぐに漁師として働くことができます。



しかし、漁師として個人で仕事をしていくとなると、いくつかの資格や免許が必要になってきます。

主に以下の3つですね。

■小型船舶操縦士免許
■海上特殊無線技士免許
■漁業権

一つ目の「小型船舶操縦士免許」は20トン未満の小型の船を操縦できるようになる免許で主に、海域内のルールや気象の知識、救助の方法について問われます。

この試験に合格することで船を安全に操縦できるとみなされ、免許を与えられます。

海の上で働く職業は命がかかっているので、最低限の海や救助などの知識が必要になってくるのです。


二つ目の「海上特殊無線技士免許」は他の漁師たちとの情報交換や連絡の際に使う海上無線の技術の免許です。



そして、最後の「漁業権」は漁師にはかかせないものですね。

「漁業権」とは海はみんなのものではありますが、乱獲を防止したり漁業者の最低限の利益を守ったりするために、商売として漁をすることができる権利です。



この三つの資格や免許、権利があれば学歴などいらずに働けるのが漁師と言う職業です。

スポンサーリンク


では、南芳和さん・南竜平さんのお2人の学歴はどうなのでしょうか?

調べてみたところ、どうやら兄の南芳和さんは父の影響で中学卒業後すぐに、イカ釣り漁船に乗り、イカ釣り漁師として働いていたようです。

そのため、中卒の可能性が高いですよね。


そんな南芳和さんは知り合いに連れて行ってもらったマグロ漁に興味が湧き、25歳でマグロ船を購入されたようです。

25歳と言う若さでマグロ船を購入するって相当すごいですよね^^;

確か、大間の近海を前提として宿泊設備や厨房を備えないものなら2000万程度からあると言われていますが、テレビで見るような一本釣りの沿岸向けだと基本的にはこの2000~3000万円のマグロ船のようです。


中学校卒業からすぐにイカ釣り漁師として働かれていたので、相当稼がれていたのではないかと思います。

そんな南芳和さんは師匠などから合格を受けたことで2015年ごろからマグロ漁師として働いているようです。



結論として、南芳和さんの学歴は中卒の可能性がかなり高いということになります。

では、弟の南竜平さんの学歴はどうなのかと言いますと、全く情報がないため分かりませんでした^^;

しかし、兄が中学校卒業後すぐに海に出たということは、おそらく弟も兄の背中を追って中学校卒業後、すぐに海に出た可能性は高いですよね。



なので、もしかしたら兄弟二人とも最終学歴は中卒の可能性が高いと言うことになります。

スポンサーリンク


南芳和・竜平兄弟の年収や学歴がすごい?

漁師という職業は釣れれば稼げるが、釣れなければ全く稼げない、というかなり不安定な職業ともいいます。

そのため、同じマグロ漁師である“悲運の漁師”山本秀勝さんは家賃3000円の町営住宅に住んでいるようです。


家賃3000円と聞くだけでかなり貧相なことが考えられます。

では、若手No.1の兄弟漁師 南芳和さん・竜平さんのお2人はどうなのかといいますと、おそらくかなり稼がれているのではないかと思います。


マグロは1㎏あたり、平均5,000円~15,000円ほどの価格がつくようです。

そして、自分が釣り上げたマグロが売れると、その売れた金額の70~80%が漁師さんの取り分になります。


そこで、若手No.1の兄弟漁師 南芳和さん・竜平さんのお2人は大間で1、2を争うほどマグロを釣り上げていることやテレビ番組「マグロに賭けた男たち2018」内でも20匹ほどのマグロをいとも簡単に釣り上げていました。

そのため、シーズンペースで考えると少なくても年収数千万はあるのではないかと、考えられます。



実際にマグロ漁師の方で一匹3,000万円や1億円などで売れた方もいらっしゃるようです。

それだけで年収がすごいことになりますからね^^


なので、マグロ漁師は夢のある一攫千金の職業とも言えますね。

皆さんもマグロ漁師で一攫千金を目指してみてはどうでしょうか?^^

スポンサーリンク