2018年2月21日(水)19時57分~20時54分放送の世界の何だコレ!?ミステリー【日本の謎を大調査SP▽山奥に謎建物/都市伝説】

■視聴者が庭先で発見した、小さなオジサンのミイラ!?
■「!」マークの道路標識がある場所では不可思議なことが起こる?】
■衛星写真で見つけた謎エリアを徹底調査 第10弾

という放送内容となっており、今回の放送内容もどれも興味深いものばかりです。

そこで、今回は【衛星写真で見つけた謎エリアを徹底調査 第10弾】ということで、京都の山奥にある謎の建物の正体や場所などについて見ていきたいと思います!


スポンサーリンク


京都の山奥にある謎の建物は過去にも放送されていた?

実は2017年11月8日放送の【世界の何だコレ!?ミステリー】でも京都の山奥にある謎の建物を特集されていたようです。

過去に放送された謎の建物は「ピラミッド型建物」ということで、京都市右京区京北の「弓削町(ゆげちょう)」にある「廃村八丁(はいそんはっちょう)にある「三角小屋」」という建物のことを言うようです。

ちょっと廃村へ。 里山はとっぷり秋。 #廃村八丁 #北山 #北山クラ部

sazanamiさん(@sz_nm)がシェアした投稿 –

確かに謎の建物ですよね^^;

この「ピラミッド型建物」がある「廃村八丁」は冬になると、かなり雪が積もるようでただの興味本位で入ってしまうと遭難する恐れがあるようです。

ここで、思ったのですが、2018年2月21日放送の京都の山奥にある謎の建物とはこの過去にも放送された「三角小屋」」のことではないのでしょうか?

スポンサーリンク


京都の山奥にある謎の建物の正体は三角小屋?|何だコレ!?ミステリー2/21

京都の山奥にある謎の建物の正体は三角小屋?ということで、いろいろと検証してみることにしました。

2018年2月21日放送の【何だコレ!?ミステリー】では「謎の建物に向かって、雪深い山の中、歩けそうな道をひたすら歩き大調査!」という紹介文が書かれていました。

先ほども少し、お話ししたように「三角小屋」がある「廃村八丁」は冬になるとかなりの雪が積もります。


なので、京都の山奥にある謎の建物の正体は三角小屋である可能性が高いですよね。

そこで、次に航空写真を比べてみたいと思います。


■2018年2月21日放送の京都の山奥にある謎の建物



■2017年11月8日放送の京都の山奥にある謎の建物




このように航空写真を比べてみたら分かるように明らかに周りの森の形が違いますよね。

なので、これまで可能性が高いと言いましたが、これで別のものだということが判明しました!

スポンサーリンク


京都の山奥にある謎の建物の場所は?|何だコレ!?ミステリー2/21

ということで、今回放送される京都の山奥にある謎の建物の場所について調べてみたのですが、情報量が少なくすぎたため、判明しませんでした。

しかし、番組が放送され次第、新たに情報を更新していきたいと思います!

スポンサーリンク