君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻を無料で読む方法は?漫画村・zip・rarにはない?


「さの隆」先生による大人気漫画『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』。


斎藤悠介は、突然失踪します。


半年後、肌の彼がボートの上で発見されました。


その時、彼は16年間生きてきた記憶を失っていました。


彼を過去を知る者は、何故か彼を悪魔と呼びます。


そこで、今回は『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻を無料で読む方法は?漫画村・zip・rarにはない?』について見ていきたいと思います。

『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』は無料の漫画村・zip・rarにある?

では、まず最初に、本題である『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』は無料の漫画村・zip・rarにある? ということについて見ていきたいと思います。


それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』は漫画村にある?

まず、最初に海賊版サイト『漫画村』にあるのかについて見ていきましょう。


漫画村』と言えば、膨大な数な作品が全て無料で読めることで多くのユーザーに利用されていましたよね。



おそらく皆さんもご存じだったかと思います。

では、そんな『漫画村』で『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』はあるのでしょうか?


と、以前まではこのように『漫画村』で配信されているのかを検証していましたが、今ではその必要もありませんよね^^;


というのも、『漫画村』はもうすでに、政府によって遮断されてしまったためアクセスすることが不可能な状況になっています。



そんな中、『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』を無料で読みたい方もまだまだ多くいらっしゃるようですね。


そこで、次に漫画をダウンロードして読むことができることで知られる『zip』や『rar』について検索するのではないかを思います。


では、『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』は『zip』や『rar』にあるのかについて見ていきましょう。

『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』の『zip』や『rar』はある?

調べてみたところ、『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』といった人気巻は無料漫画ダウンロードの『zip』や『rar』にはないようです。


というよりも、『君が僕らを悪魔を呼んだ頃』自体の『zip』や『rar』がありませんでした。



これは、ネット上の情報を全て調べることができるツールを使って調べたので間違いありません。

しかし、『zip』や『rar』というのは誰でも簡単にダウンロードすることができますが、解凍しなくては中身に何が入っているのかが分かりません


なので万が一、悪質なウイルスなのが仕込まれていたらとんでもないことになってしまいます。



例えば、使用していたスマホやパソコンから個人情報が抜き取られてしまったり、操作が鈍くなってしまって場合によっては壊れて使い物にならなくなってしまう可能性もあります。


また、かなり悪質だとスマホやパソコンを遠隔操作されてしまうこともあるようです。



これらが、『zip』や『rar』の怖いところですね。

これを知っても「自分は大丈夫だ」と思わない方がいいですよ。


最近では、TwitterやInstagramなどの乗っ取りも簡単にできてしまう時代ですからね。

なので、慎重に目の前の情報を吟味しなくては必ず痛い目にあってしまいますよ^^;



さて、『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』が『漫画村』や『zip』、『rar』で読めないとすると、果たして無料で読むことが出来るサイトはあるのでしょうか?

『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』を無料で読む方法は?

『漫画村』や『zip』、『rar』で読めないとなると、もう無料で読めるサイトなんてないじゃん!! と思われる方がほとんどだと思いますが、安心してください!


『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』を安全・合法の無料で読むことは可能です!



それは、『U-NEXT』というサイトを利用する方法です。


『漫画村』が便利すぎてすっかり陰に隠れていましたが、現時点で『漫画村』の代わりになるのは『U-NEXT』ではないかと、言われています。


そんな『U-NEXT』ですが、動画配信本数12万本以上などの理由で国内最大級の動画配信サービスとして知られていますが、実は雑誌コミック電子書籍もかなり充実しているんです!


その配信本数は33万冊以上となっています。



すごい数ですよね^^

さらに、コミックなどの最新巻に関しては店頭販売と同時もしくはそれよりも早く配信されるところが最大の魅力です

『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』に関してもしっかり配信されています。



そんな『U-NEXT』ですが、「それだけのボリュームなのに無料で読めるのかよ!」と思われる方も多いかと思いますが、安心してください!


本当に確実・無料で読めます!



というもの、『U-NEXT』では現在、初回31日間無料キャンペーンを実施しているため初めてご利用される方は3分ほどで済む無料登録さえ完了すれば1ヶ月間無料で膨大なサービスを楽しむことができるのです!


そんな『U-NEXT』のすごいところは漫画だけでなく、映画やドラマ、アニメの見放題作品がものすごく充実しているところですね。



なので『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』を無料で読んだ後も、十分にサービスを楽しむことができます。


さらに、無料で登録時には、『U-NEXT』内で使用することができる600円分のポイントをすぐに貰うことができます。



600円分のポイントが貰えて、31日間の無料お試し期間が設定されてるって他の漫画サイトでは考えられませんからね^^;


しかも、他の漫画サイトと違って、

『U-NEXT』は初回31日間無料キャンペーン中に解約してしまえば、料金が発生することは絶対にありません!


解約に関しても電話でする必要はなく、『U-NEXT』のサイト内から簡単に済ますことができます。

私が解約したときは3分ほどでできました!



だけど、まだ心配だなー。。。

という方は、こちらをご覧ください!

31日間無料キャンペーンを体験する


実は、『U-NEXT』のイメージキャラクターはあの1000年に1度の美少女として有名な橋本環奈さんが務めているんです。


なので、これで犯罪じみた行為は絶対にできないということになりますよね^^

私も橋本環奈さんが『U-NEXT』のイメージキャラクターを務めていることをしって、安心したため登録することを決めましたから^^



登録後の解約については『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』を読み終わってから考えれば大丈夫だと思います。


私も最初は不安でしたけど、解約手順も調べればたくさん出てきてすぐに出来ましたので!



では、今すぐ『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』を読みたい方はこちらからどうぞ!


31日間無料キャンペーンを体験する

『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』 あらすじ

新宿駅の雑踏の中、悠介は一之瀬を待っていました。

やってきた一之瀬はサングラスが多きいことにグチをこぼします。


一之瀬は制服を捨て、悠介はスパイクごとユニホームを捨て、私服に着替えたのです。


悠介は一之瀬が希望した場所へ、彼女を連れていきました。

そこは、寂れた港町でした。


「それで二人はこの町に辿り着いたんだね。」


一之瀬が小さい頃実の両親と一緒に暮らしていた街でした。


環は、その時、一之瀬は嬉しかったのではないかと想像します。


悠介は、否定します。


加害者と被害者の俺たちの関係は、どんなコトしようと覆らないと。


悠介の話は続きます。

悠介はその町で、悪魔に出会い、彼を殺したのだと言います。


以前に、一之瀬を殺したと思って掘り起こした花壇には、その男の死体が埋まっていました。


悠介は考えます。


もし、あの時彼に出会っていなければ、俺と一之瀬は幸せなフリをしていたのだろうか。


この港町で生きていられたのではないのだろうかと。


悠介は、港で、一之瀬は食堂で働きながら、細々と暮らしていました。


仕事の帰り、二人は海岸を散歩しました。

波打ち際にサンダルのまま入りる一之瀬。


悠介は砂浜で彼女を見つめます。

一之瀬は悠介に、どうして自分を見捨てなかったのか聞きました。


「やっぱり、好きなんだな。俺は一之瀬のことが。」


悠介はそう答えました。

悠介が、お前はどうなんだと聞きます。


「憎いにきまってるじゃない。バッカじゃないの。」


二人はふきだします。

笑いが止まらない二人に、大男が近づいてきます。


そして、突然、石で悠介を殴り倒します。


バシャアンッ


男は悠介の頭を足で押さえつけます。

逃げろと悠介が叫びますが、一之瀬は立ち尽くします。


悠介は、海水の中に頭を突っ込まれ、意識がもうろうとします。


男は、10年前に、一之瀬の両親を殺した罪で服役中のはずの男でした。


一之瀬の母親のストーカーだった彼は、明里のことも狙っていたのでした。


悠介は、一之瀬を必死に守ろうとしますが、歯が立ちません。


一之瀬も、悠介を置いて逃げようとしませんでした。


黙って男に身を任せようとします。


その時、祐介は今まで玩具にしてきた人達のことを思いました。


どうにもならない時の無力感と、その後にまとわりつく、殺意と憎悪。


彼らもこんな気持ちだったのです。


「おーいチサトー。ユウサクゥー。」


猫がバーのママを呼んできたおかげで、二人はすんでのところで、助かりました。


その後、悠介は、警察に行くことを怠りました。


一之瀬が生きる気力を失い、目を離すと死のうとするからでした。


悪魔は、次の日からアパ―トに現れました。

無言のままドアをたたき続け去っていく毎日でした。


そして、とうとうトナリの部屋に引っ越してきました。

悠介は男を殺そうとしましたが、一之瀬に止められます。


二人はバイクで逃げました。


居心地の良かった町を後にし、悠介が向かった先は廃校舎でした。


悠介が遊び場にしていた場所。


ここなら、身を隠すにはもってこいだと一之瀬が納得していると、

ジャリ、ジャリ、ジャリ、

誰かが近づく足音がします。


緊張が走ります。

悪魔です。


ニヤニヤしながら近づいてきます。


悠介は、彼が自分達を見失わないように、バイクを走らせていました。

悠介は彼をおびきよせたのです。


「さあ、狩りの時間だ。」


悠介の反撃です。




>>>今すぐ、無料で読む

『君が僕らを悪魔を呼んだ頃4巻』 感想・見どころ

悠介が被害者の立場に立って、相手の気持ちに同調した時、彼の中のもうひとりの悪魔が出現してしまいました。


悠介は、男を殺害するという選択を選んでしまいました。

彼は警察に行くこという選択もできたはずです。


普通の人には考えられない思考です。

この後、悠介は男と戦います。


その結果が花壇の死体なのですが、一之瀬さんを殺したのではなくて、まだ良かったです。


ただ、罪悪感から記憶喪失になっていたことが分かりました。


悠介は、自分が可愛いから記憶喪失になったのだと言っています。


でも、それだけではないとは思います。

それは、男を殺したことよりも、一之瀬さんへの罪悪感の様な気がします。


男を殺し、死体を埋めなければ、報道によって、彼女を苦しめることになったことでしょう。


一之瀬さんに普通の人世を送ってもらうのは益々難しくなります。


どうにもならない出来事ばかりで、重く苦しい物語です。


愛しい人を救えないもどかしさが切ないです。


それでも、購読してしまうのは、記憶を失った彼が、誠実であるからでしょう。


彼がどんな結末を迎えるのか、納得のいくエンドを期待します。




>>>今すぐ、無料で読む