【弱虫ペダル61巻を無料で読む方法は?zip・rar・漫画村にはない?】

 

「渡辺航」先生による大人気漫画『弱虫ペダル』。

巻島と東堂互いの尊敬する先輩を見て、二人の走りもさらに熱が!

インハイ最終日残り2000メートル、勝負は総北 坂道と箱学 真波、それぞれ今泉と黒田から託された想いを胸に激走。

勝負の行方は?

 

そこで、今回は『弱虫ペダル61巻を無料で読む方法は?zip・rar・漫画村にはない?』について見ていきたいと思います!

『弱虫ペダル61巻』 あらすじ

レース最終日も佳境を迎え、坂道と真波の戦いも激しい攻防が続きます。

昨年の戦い、そして幼い頃身体が強くなかった真波はこの状況を笑いながら坂道を見ます。

「俺、生きてる!」真波は昨年同様に身体が悲鳴をあげている状況を喜ぶとともに一気に坂道を突き放します。

食らいついていく坂道ですが、標高2000メートルの薄い空気の中、身体がついていきません。

そんな坂道が思い出したのはスタート前の手嶋や今泉とのやり取りでした。

標高2000メートルの状況下について手島が語ったのは「条件は同じ」ということでした。

坂道はその言葉を思いだし、代名詞のハイケイデンスクライムを見せつけます。

一気に前へ!

『またしても後塵をきす真波、しかし彼が意味深に呟いたのは?』

標高2000メートルでの攻防、ラスト1500メートルで先頭に返り咲いた坂道。

しかし真波はこの状況を楽しんでいるかのように気持ちが昂っていきます。

一方坂道は真波より少し前に出たこの状況下を見て、ペースを保とうと思います。

坂道を追走しながら、真波はこの状況下に歓喜するのでした。

真波はチャンピオンとして一年間過ごすことはメンタル、モチベーション的にも難しいが、それを乗り越えさらに強くなった坂道を称賛します。

そして5月に池袋の水族館で偶然出会った時の事を回想するのでした。

あの時の坂道の言葉は理解できなかった真波ですが、今ならそれを実感できたようです。

仲間の想いを乗せたジャージ、それをゴールへ運ぶために坂道は加速します。

坂道と距離が開きはじめる真波、そこで自分を牽いてきてくれた黒田のことを思いだします。

『真波を支えるのは身を挺して牽いてきた黒田の言葉、その黒田の過去とは?』

黒田は昨年インハイの部内レースで真波に完敗以後荒れていた。

部員が真波の見せる飄々とした強さは聞く度に心は荒れる一方で、本人とあっても口を開くことはなかった。

思い通りにならない状況下に苛立ちを覚えるが、時間と荒北が部内レースの結果に関係なく自分をメンバーに推してくれたことが、少し気持ちを和らげていた。

しかしインハイ最終日、箱学は総北に破れる結果になるのだった。

後輩たちのかける言葉に新開が受け答えしている。

荒北がバスから降りてきたが、黒田はかける言葉がでないのだった。

荒北は黒田を一喝し、来年のチームを託され奮起するのだった。

新チーム、泉田を支えるとともに彼の方針でどんな小さなレースでも参加し勝つことを目標に疾走する。

しかしある小さなレースで事件は起こった

『黒田は中学時代の悪辣な行為から、トラブルに巻き込まれ・・・』

中学時代の行為から相手に絡まれ肘鉄を受け落車した黒田。

このまま倒れていても仲間が勝つのは明白だったが、尊敬する先輩と箱学が馬鹿にされたことが心に火をつけた。

先頭の三人のうちの二人が黒田のことを気にかけるが、黒田と因縁のある男は意に介さずに自分の正当性を告げる。

その独白に返ってくる言葉に驚愕する黒田が追いついてきていたのだった。

黒田はラストスプリントで優勝するとともに倒れこむが、これが『スイッチ』を習得したきっかけになったのだった。

場面は戻り、黒田は先輩達の強さを伝えるために勝つことを誓い、怪我があったとしても言い訳だと語る。

そしてスイッチを入れ、満身創痍ながらも真波を引き続ける。

総北が見えたところで、黒田は今年もハコガクの看板を真波に背負わせることを謝罪し、全てを託して押し出す。

『残り1400メートル、真波の代名詞・・・今年も覚醒するのか?』

ラスト1400メートルの局面、坂道はジリジリと真波を30メートルほど離して抜け出そうとしていた。

観客の声で先頭を意識した坂道は身体に異変を感じるのだった。

しかし坂道は頭をふり、ハンドルを叩きダンシングして意識を切り替えていく。

後ろから見ていた真波は坂道が自力で先頭、優勝へのプレッシャーに飲み込まれそうになりながらも克服したことに嬉しそうに驚くばかりだった。

真波は改めて坂道は『任されると強い』と思うのだった。

残り1300メートルを過ぎて僅かに風が出てくる。

真波は高原に吹く横風がカーブを曲がり追い風になった瞬間にギアを上げて加速する。

翼が生えて、一気に加速して坂道を捉え「先にいく」と言い残して抜き去っていく。

観客がその姿を「天空の羽根王子 箱根学園 真波山岳」と伝える

『一方、坂道は顔を伏せてしまうが・・坂道は思わずあのリズムを』

顔を伏せていた坂道を観客は心配する。

しかし坂道は素直に真波の走りに喜びを覚えると頭にコイヒメ『恋のヒメヒメぺったんこ』が流れ始める。

先頭に立つ真波は坂道のことを考える、ゴール間近でこの加速を見せるとだいたいの選手は心が折れてうつむいていまうのだ。

そして後ろを振り返ると坂道もまた俯いたままなのだ。

しかし坂道は恋ヒメを口ずさみながらケイデンスをあげていくのだった。

ヒメはヒメなのヒメなのだ!と口ずさみ一気に追いつく。

互いに相手の走りに驚くばかりだが、レースは残り1000メートルを残すばかりになるのだった。

残り2000メートルから始まった二人の戦いはここまで互角、残りの1000メートルで決着 改めて真波は宣言する。

『一方、ゴール前には二人にそれぞれ所縁のあるものが・・・・』

ラスト1000メートルを知らせるフラッグを抜け、観客、両者ともヒートアップ、互いの汗が弾け飛び散る。

ゴール前で委員長と坂道の母親は再会する、気づいたキッカケは真波にあげた帽子からだった。

坂道の母のマイペースな喋りにたじたじの委員長だったが、一年間進展がなかったのから始まった質問にさらに動揺を隠せないのでした。

真波が自転車のことで頭が一杯なことを告げます。

彼女の様子を見て、坂道母も坂道が同じ状態なことを告げ、心配するとともに成長していくことが寂しいと思う時もあると告げるのでした。

その言葉に共感する委員長でしたが、またもや坂道母のペースに振り回されしまいます。

『坂道母に振り回されながら、委員長の真波への思いが・・・』

昨年のインハイ最終日、応援にいったものの箱学は敗れてしまい、重い雰囲気に言葉をかけれずに立ち去ったことを後悔する委員長。

自宅近くのベンチで偶然を装い、真波を待ちますが、彼は姿を見せることはありませんでした。

ある雨の日偶然二人は出会います。

この一週間のことを詰め寄るつもりが焦燥した彼の表情を見て何も言えないのでした。

久々に自転車の乗ったことを気遣う委員長でしたが、真波自らインハイの出来事を話し始めます。

沢山の人の応援や先輩たちの背負った重さに気づけず、応えられなかったことを悔やみ元気がとてもでる状態でないと告げます。

委員長は真波を励ます策を考え、ゲームを渡すと真波の表情は和らぎますが、それはその場かぎりでした。

その後も練習で追い込み過ぎて倒れる真波を心配する委員長ですが本人は意に介せず。

『練習を覗く委員長の前に東堂が現れて、彼女に告げた言葉とは?』

『弱虫ペダル61巻』 感想・見どころ

GW前の週刊チャンピオンでいよいよ二年目の決着がついた弱虫ペダル。

標高2000メートルで今年も真波の名セリフ『俺、生きてる!』が炸裂し坂道を引き離す。

台詞出すの早いんじゃないか?と思ったらあっという間に逆転されてしまいました。

しかし坂道もここでハイケイデンスを見せ、再逆転します。

展開が早くまだ勝ち負けが決まってない印象です。

真波の表情からまだ余裕が消えないです。

漫画的には二年続けて坂道が勝つことはなさそうな印象はあるだけに、真波がどこで仕掛けるのか注目です。

黒田の回想会でした。

以前の話で舐めた姿勢の黒田に荒北が鉄拳制裁して性根を諌め、荒北派になったちょっと後の話です。

黒田が託された荒北の思いと新開の大人の対応が心憎いばかりです。

黒田は中学時代の悪行が因縁で落車してしまい、ここでスイッチを修得した一方で真波を限界まで牽いて、チームの思いを伝えます。

しかし黒田には申し訳ないですが、荒北とはやはり力が見劣りする感じはします。

来年を考えるとこのポジジョンが箱学はいないので苦戦しそうです。

残り1300で真波が今年は翼を広げ、抜かれた坂道はラストで恋ヒメが頭に思い浮かびます、続話で追い付くのは間違いないですが、ここで両者切り札を切ってきましたので、このあとどうなるのか追い付いてからが見ものです。

坂道はハナウタが出るとケイデンスが上がる、これはまだしも『天空の羽根王子』はヤバいでしょう。

東堂は喜ぶでしょうが・・・・

真波はズレてるのでいいかもしれないですが、うーん新開弟あたり内心ハァ?でしょう。

いよいよ1000キロ、お互いにここからは持ちネタも出しきって、ラストは気力を振り絞ったバトルが!と見せかけて、ここで委員長と坂道母の絡みに!

真波の昨年のインハイ直後の心の傷を委員長が語り手で遡って描写していきます。

東堂公認の仲になっていそうな気もしますが、この一年二人に進展はなかったということですね。

坂道は全くその気配がなく、強いていうならツンデレの橘綾とどうなるかが見ものです。

真波は委員長ブーストで雪辱するのか、坂道は誰がブースト役を務めるのか注目です。

『弱虫ペダル61巻』は無料の漫画村・zip・rarにある?

では、本題である『弱虫ペダル61巻』は無料の漫画村・zip・rarにある? ということについて見ていきたいと思います。


それでは、一つずつ詳しく見ていきたいと思います!

『弱虫ペダル61巻』は漫画村にある?

まず、最初に海賊版サイト『漫画村』にあるのかについて見ていきましょう。


漫画村』と言えば、膨大な数な作品が全て無料で読めることで多くのユーザーに利用されていましたよね。



おそらく皆さんもご存じだったかと思います。

では、そんな『漫画村』で『弱虫ペダル61巻』はあるのでしょうか?


と、以前まではこのように漫画の最新巻が『漫画村』で配信されているのかを検証していましたが、今ではその必要もありませんよね^^;


というのも、『漫画村』はもうすでに、政府によって遮断されてしまったためアクセスすることが不可能な状況になっています。



そんな中、『弱虫ペダル61巻』を無料で読みたい方もまだまだ多くいらっしゃるようですね。


そこで、次に漫画をダウンロードして読むことができることで知られる『zip』や『rar』について検索するのではないかを思います。


では、『弱虫ペダル61巻』は『zip』や『rar』にあるのかについて見ていきましょう。

『弱虫ペダル61巻』の『zip』や『rar』はある?

調べてみたところ、『弱虫ペダル61巻』といった最新巻は無料漫画ダウンロードの『zip』や『rar』にはないようです。


というよりも、『弱虫ペダル61巻』自体の『zip』や『rar』がありませんでした。



これは、ネット上の情報を全て調べることができるツールを使って調べたので間違いありません。

しかし、『zip』や『rar』というのは誰でも簡単にダウンロードすることができますが、解凍しなくては中身に何が入っているのかが分かりません


なので万が一、悪質なウイルスなのが仕込まれていたらとんでもないことになってしまいます。



例えば、使用していたスマホやパソコンから個人情報が抜き取られてしまったり、操作が鈍くなってしまって場合によっては壊れて使い物にならなくなってしまう可能性もあります。


また、かなり悪質だとスマホやパソコンを遠隔操作されてしまうこともあるようです。



これらが、『zip』や『rar』の怖いところですね。

そしてこれを知っても「自分は大丈夫だ」と思わない方がいいですよ(>_<)



最近では、TwitterやInstagramなどの乗っ取りも簡単にできてしまう時代ですからね。

なので、慎重に目の前の情報を吟味しなくてはいずれ、必ず痛い目にあってしまいますよ^^;



では、『弱虫ペダル61巻』が『漫画村』や『zip』、『rar』で読めないとすると、果たして無料で読むことが出来るサイトはあるのでしょうか?

『弱虫ペダル61巻』を無料で読む方法は?

『漫画村』や『zip』、『rar』で読めないとなると、もう無料で読めるサイトなんてないじゃん!! と思われる方がほとんどだと思いますが、安心してください!


『弱虫ペダル61巻』を安全・合法の無料で読むことは可能です!



それは、『U-NEXT』というサイトを利用する方法です。


『漫画村』が便利すぎてすっかり陰に隠れていましたが、現時点で『漫画村』の代わりになるのは『U-NEXT』ではないかと、言われています。


そんな『U-NEXT』ですが、動画配信本数12万本以上などの理由で国内最大級の動画配信サービスとして知られていますが、実は雑誌コミック電子書籍もかなり充実しているんです!


その配信本数は33万冊以上となっています。



すごい数ですよね^^

さらに、コミックなどの最新巻に関しては店頭販売と同時もしくはそれよりも早く配信されるところが最大の魅力です

そして、そんな『U-NEXT』ですが、「それだけのボリュームなのに無料で読めるのかよ!」と思われる方も多いかと思いますが、安心してください!


本当に無料で読めます!



というもの、『U-NEXT』では現在、初回31日間無料キャンペーンを実施しているため初めてご利用される方は3分ほどで済む無料登録さえ完了すれば1ヶ月間無料で膨大なサービスを楽しむことができるのです!


そんな『U-NEXT』のすごいところは漫画だけでなく、映画やドラマ、アニメの見放題作品がものすごく充実しているところですね。



なので『弱虫ペダル61巻』を無料で読んだ後でも、十分にサービスを楽しむことができます。


さらに、無料で登録時には、『U-NEXT』内で使用することができる600円分のポイントをすぐに貰うことができます。



600円分のポイントが貰えて、31日間の無料お試し期間が設定されてるって他の漫画サイトでは考えられませんからね^^;


しかも、他の漫画サイトと違って、

『U-NEXT』は初回31日間無料キャンペーン中に解約してしまえば、料金が発生することは絶対にありません!


解約に関しても電話でする必要はなく、『U-NEXT』のサイト内から簡単に済ますことができます。

ちなみに私が解約したときは3分ほどでできました!


31日間無料キャンペーンを体験する





登録後の解約については『弱虫ペダル61巻』を読み終わってから考えれば大丈夫だと思います。


私も最初は不安でしたけど、解約手順も調べればたくさん出てきてすぐに出来ましたので。



では、今すぐ『弱虫ペダル61巻』を読みたい方はこちらからどうぞ!

31日間無料キャンペーンを体験する