2018年1月2日から1月3日まで開催予定の第94回箱根駅伝こと東京箱根間往復大学駅伝競走

やはりお正月と言ったらおせちでもお年玉でもなく「箱根駅伝やー!」という方も多いはずです!

今大会も第93回大会の上位10校(シード校)と、2017年10月に行われた予選会の上位10校に加え、関東学生連合チームを合わせた全21チームが参加して行われます。


そこで、今回は第94回箱根駅伝往路の距離チームエントリーについてまとめてみました!

第94回箱根駅伝の往路距離は?

スタートとゴールは東京、大手町にある読売新聞東京本社ビル前になります。


1区(大手町⇒鶴見中継所):区間距離21.3km
2区(鶴見中継所⇒戸塚中継所):区間距離23.1km
3区(戸塚中継所⇒平塚中継所):区間距離21.4km
4区(平塚中継所⇒小田原中継所):区間距離20.9km
5区(小田原中継所⇒箱根・芦ノ湖):区間距離20.8km
6区(箱根・芦ノ湖⇒小田原中継所):区間距離20.8km
7区(小田原中継所⇒平塚中継所):区間距離21.3km
8区(平塚中継所⇒戸塚中継所):区間距離21.4km
9区(戸塚中継所⇒鶴見中継所):区間距離23.1km
10区(鶴見中継所⇒大手町):区間距離23.0km


2017年第93回箱根駅伝から、4区は2.4㎞長くなり5区は2.4㎞短くなっているようです。

その理由として、5区は選手への負担やその区間を走る選手によっては総合優勝の結果に大きく関係してしまうことから、今回の第94回から距離を少し短くしたようです。


2.4㎞というだけで選手にとっては大きく変わりますからね。

新しくなった区間で今回は、どのようなレースになるのか楽しみですね。

第94回箱根駅伝のチームエントリーはどこ?

今大会も第93回大会の上位10校(シード校)と、2017年10月に行われた予選会の上位10校に加え、関東学生連合チームを合わせた全21チームが参加して行われます。


【シード校】

1.青山学院大 10年連続23回目
2.東洋大 16年連続76回目
3.早稲田大 42年連続87回目
4.順天堂大 7年連続59回目
5.神奈川大 8年連続49回目
6.中央学院大 16年連続19回目
7.日本体育大 70年連続 70回目
8.法政大 3年連続78回目
9.駒澤大 52年連続 52回目
10.東海大 5年連続 45回目


【予選会を勝ち上がってきた大学】

11.帝京大 11年連続19回目
12.大東文化大 6年連続49回目
13.中央大 1年連続91回目
14.山梨学院大 32年連続32回目
15.拓殖大 5年連続39回目
16.國學院大 2年連続11回目
17.国士舘大 2年連続46回目
18.城西大 1年連続14回目
19.上武大 10年連続10回目
20.東京国際大 1年連続2回目



※21.学連選抜


今大会では中央大学は見事に戻ってきましたね!

しかし、一方で日本大学明治大学はまさかの落選という結果に終わってしまいました。


以上、第94回箱根駅伝の往路の距離とチームエントリーでした!

ここで、皆さんに有益な情報についてご紹介したいと思います!

絶対にリアルタイムで第94回箱根駅伝を見る最強の方法!

絶対にリアルタイムで第94回箱根駅伝を見ようとしていても、

「おばあちゃんの家いくよ~~」
「これから出掛けよう!」
「おい、中島~、野球しようぜ!」
「違う番組が見たいからチャンネル変えるね」



など、突然の様々なハプニングで箱根駅伝が見れない!という事態が起こるかもしれません。

なんだか、本当にありそうなので怖いですよね^^;

そこで、今回は絶対にリアルタイムで第94回箱根駅伝を見る最強の方法を紹介していきたいと思います!

その方法とは動画配信サービスの「Hulu」を利用する方法です!

なんと、「Hulu」ではテレビで放送されている「第94回東京箱根間往復大学駅伝競走」と同じ映像をリアルタイム配信することが決定したようです。


第63回大会で初めて箱根駅伝の生中継を試みて以来、テレビ中継と同時にインターネットで配信されるのは「Hulu」が史上初の取り組みになるようです。

実際にこれまで、箱根駅伝のテレビ以外でのリアルタイム配信ってなかったですもんね。

いや~、しかしSNSの進歩ってすごいんですね!



この「Hulu」のリアルタイム配信は、PCやスマートフォン、タブレットで観ることができるので、

「家族で出掛けている車の中」
「自分の部屋」
「テレビを占領されて見れないとき」
「カツオと野球をしているとき」

このようにどんな状況であれ、スマホ1台あれば箱根駅伝は視聴可能になります。

また、一部「Hulu」独自の映像も放送されるようです。


区間毎の映像の配信は、ダイジェストではなく全編まるごと、放送後にも速やかに配信されるということなので、リアルタイムでは観られなかった方、もう一度観たいあのシーンなど、何度でも「Hulu」で箱根駅伝をお楽しみいただけます。

「Hulu」独自の映像というのがとても気になるところだと思います。

⇒『Hulu』で「第94回箱根駅伝」の保険をかけておく



では、そんな「Hulu」ですが、一体どのようなものなのか軽く説明していきたいと思います!

「Hulu」とは月額933円(税抜)が掛かってしまう動画配信サービスです。

だが、しか~~~し!

「Hulu」には2週間の無料トライアルが実施されていて、登録してこの期間中であれば本サービスと同じようなサービスを利用することができます。



そして、2週間以内に解約すれば料金は”0“円で済むのです!

まぁ、「Hulu」は海外ドラマが基本的に見放題なのでそれ目的に利用する方が多いみたいですが。



しかし、今回は「第94回箱根駅伝」を見逃してしまったときの保険のために登録しておくのもいいかもしれませんね♪
※ちなみに「第94回箱根駅伝」のリアルタイム配信が行わるのは『Hulu』だけです。

⇒『Hulu』で「第94回箱根駅伝」の保険をかけておく