違法サイトに頼ってはいけませんよ!

『U-NEXT』などの動画配信サービスがいくらサービスが充実していると言ってもやはり、無料ほどお得なものはないですよね^^;

アクセスするのも非常に簡単ですし、何よりも無料という点が最強ですよね。



しかし、2018年1月にTwitterで違法サイトに関することが話題になりました。
※今回の例は漫画ですが、これは動画②関しても同じ事が言えます。

それはジャンプ+で「マッチョグルメ」を連載していた成田成哲さんのTwitterです。


漫画では、違法配信サイトに対する作家の嘆きをファンと作家との会話で表現しています。登場するファンは、違法配信サイトで作品を読んだと言います。その姿に罪悪感は微塵も感じられません。

【画像①】

引用:成田成哲さんのTwitter(https://twitter.com/bisekai1)
 ⇩   ⇩   ⇩   ⇩
【画像②】

引用:成田成哲さんのTwitter(https://twitter.com/bisekai1)
 ⇩   ⇩   ⇩   ⇩
【画像③】

引用:成田成哲さんのTwitter(https://twitter.com/bisekai1)


このコマ漫画を成田成哲さんがTwitterで公開したところ50,000リツイート70,000いいねを超えるなど大きな反響を呼びました。

確かに最近、「Dailymotion」や「YouTube」、「PANDORATV」などで無料動画を視聴できたり、「漫画村」で無料で漫画を読むことができるなど明らかな著作権侵害の違法アップロードが増えていますよね。



こういった違法サイトを利用して私たちが便利になっている背景では作品を生み出した方々の利益は減少し、ものすごい被害にあっているというのが事実です。

逆に違法サイトの利益がでている状況なので、こういった無料サイトの利用には私たちもよく考える必要があると思います。



ちなみに違法漫画サイトとして有名な漫画村が閉鎖されないのは、その運営の仕組みや著作権侵害の申告制の制度など様々な理由が絡み合っているからであり、違法であることは間違いないです。

閉鎖されないから合法とか世の中そんな単純ではありません^^;

U-NEXTが作品見放題なのはなぜ?

では、『U-NEXT』と違法アップロードサイトの違いは何ですか?

『U-NEXT』に関しても、31日間無料キャンペーン中でも無料で視聴可能な作品が数多く配信されていますよね。

では、果たしてなぜ『U-NEXT』が違法アップロードサイトと違い、合法で運営できているのかと言いますと、それは「著作元に対してお金を支払っているから」です。


そのため、『U-NEXT』は合法かつ安全でウイルスにデータを破壊させる心配なく利用することができるのです。

今後、違法サイトの利用について少し考え直してみてはどうでしょうか?

[前のページへ戻る]